syanthi

リフレクソロジーって何?

リフレクソロジーは、日本語で「反射学・反射療法」といわれ、手・足・顔などに、全身の様々な状態が映っている(=反射区)があると捉え、その反射区を優しく刺激することで、全身のバランスを整え、リラックスを促し、自然治癒力を高めるといわれる技術です。

syanthi リフレクソロジーは日本において、リラクゼーション技術として認知されることが多いですが、英国をはじめ欧米各国では、医療現場において、西洋医療を助ける存在である"補完療法"としても広く活用さ れています。
特に、痛みをやわらげる効果が高いとされ、緩和ケア病棟・ホスピス等において患者さんのQOL(Quality Of Life)を高める為に活用されている技術です。

○○式リフレクソロジー?

リフレクソロジーは、"東洋式リフレクソロジー"と、"西洋式リフレクソロジー"とに大別されます。 この"東洋式リフレクソロジー"と"西洋式リフレクソロジー"の大きな違いは、簡単に言えば刺激の強さにあります。

もともと東洋人は、"良薬口に苦し"という言葉があるように"痛みの強いものほど効く!"と考え、強い刺激を好む傾向があるようです。そのため東洋式リフレクソロジーは指の関節や棒を使い時には激痛を伴う程の痛みで刺激を行います。
一方、西洋人は"痛みはストレス!"と考え、もともと撫でるような刺激を好む傾向にあるため、指の腹を使って撫でるような刺激を行います。
そして我々日本人は、あまりにも痛みが強い「激痛」だと我慢できず、逆にソフトすぎて物足りないとストレスになってしまうという独特の傾向があります。

「痛気持ちいい」を希望される方もみえますが、「痛い」というのは体にとっては一種の「攻撃」となります。痛みに耐えようとして一時的に収縮して凝り固まり、リラックスとは反対の作用となりかねません。
また、強すぎる刺激は施術後の「もみ返し」といわれる不調もあらわれることが多いのです。

syanthisyanthi

*英国式リフレクソロジーではオイルを使うトリートメントが多くみられますが、当店ではベイリー式をもとにしています。
そのため反射区を的確に刺激するためにオイルではなくパウダーを使用しています。
英国式でも特に優しいソフトタッチのトリートメントが特徴です。

   

好転反応

施術中や施術後に、倦怠感を感じたりしびれを感じたりすることがありますが、これを好転反応と呼びます。

  • 肩や脚が重い
  • おなかがぐるぐると鳴る
  • トイレが近くなる
  • 尿の色やにおいが変わる
  • 鼻水が出る
  • 手のひらが熱くなる

他にもたくさんありますが、こういった症状があらわれることがあります。
これはからだが本来の働きを取り戻そうとしているために起こる反応で、血流が良くなり排泄作用が高まることを意味します。
いわゆるデトックス反応です。
好転反応は早ければトリートメント後30分ほど、遅くとも1日~2日で治まります。
どうぞご安心ください。

当店ではさらにデトックス効果を高めるために、施術後のハーブティーをサービスしています。お時間に余裕がある方はぜひゆっくりとお過ごしください。

またリラックス作用が働くために、あくびが頻繁に出たり、眠りが深くなるといった嬉しい作用もありますので、不眠の方や寝つきの悪い方にもオススメです!